Canon Oce ProStream 1000 仕様について

2017年2月25日から28日の4日間、スイス、ルツェルンでHunkeler Innovation daysが開催された。この展示会でCanonから発表展示された新製品Canon Oce ProStream 1000の概要はすでに多くの海外メディアから発信されている。Digital Printing Japanとして独自に入手したCanon Oce ProStream 1000仕様と簡単な解説をまとめてみた。


Specifications in detail


Print Technology: Océ DigiDot drop-on-demand, piezoelectric

Ink: Pigment based polymer ink with Océ ColorGrip

Drop sizes: variable 2 – 6 pl

Print Resolution: 1,200 x 1,200 dpi with multilevel drop size modulation resulting in a higher apparent resolution

Print speed: 80 m/minute (equals 1,076 A4 duplex per minute or 112 B2 duplex per minute)


Paper transport: pinless, tight web, automatic tension control

Print width: 540mm

Page length: max 1520mm

Paper width: 565mm

Paper Weight: please refer to released paper list

Substrates: Offset coated and uncoated, inkjet-treated and coated, bulk paper

Reel shafts: 70 mm, 3″, 5″ and 6″

Physical data

Length x Width (Inline Twin roll-to-roll): 16850 x 2550 mm

Height: 2000 mm

Weight: 6500 kg

Power connection requirements

Connection (EU): 2 x 400V, 250A – Controller 400V, 16A


Temperature: Optimal range 20 – 26°C, limited range 16 – 29°C

Humidity: Optimal range 40 – 60%, limited range 40 – 80%

Operating noise: Maximum 75 dB


Controller: SRA MP

Printer data format: PDF, AFP/IPDS

Print manager (optional): Océ PRISMAproduction or Océ PRISMAcontrol


2x 10 Gigabit Ethernet (RJ45 copper) with PRISMAcontrol
2x 10 Gigabit Ethernet (optical short range) with PRISMAcontrol
10 Gigabit Ethernet (copper, optic MMF/SR, optic SMF/LR)

Web上に公開された仕様から判断するとターゲットは商業印刷分野の最高画質を狙った製品である事は明言出来る。特にロール to ロール両面機とは言え全長約17mの大きさ、印刷速度80m/分とロール紙製品では低速、しかし画質向上には多くの新規技術を採用している。


  • 顔料系ポリマーインク+インクジェットヘッドを使ったプレコート
  • 解像度1200dpi+ドロップレット変調(2~6ピコリットル)
  • オセの液体現像製品の技術を採用したインク乾燥系


内蔵コントローラー、RIPとDFE、アプリケーション、ワークフロー、等のソフトウエア情報に関しては、近日中にCIP4 Japanにアップする予定なのでお待ちください。